沖縄の魅力を 世界へ
映画『カラカラ』脚本・監督
クロード・ガニオン



 日本、フランス、カナダ、アメリカと国境を越えて 長編映画を撮り続け、ベルリン、モントリオールと数々の映画祭で高い評価を受けているケベック出身の映画監督クロード・ガニオン。沖縄との深い関係は、10年前、沖縄ロケの映画で当時学生だった宮平貴子をカメラ助手に起用、その才能を見いだしたことに始まりました。この度完成した映画『カラカラ』は、オール沖縄ロケという魅力のみならず、スタッフ・キャスト、そしてオリジナル音楽も新良幸人氏を起用するなど、沖縄の才能とカナダの才能が集結し、今まで描かれなかった沖縄の魅力が詰まった作品です。
◎主な受賞作
外国人初の日本映画監督協会新人賞受賞 

『ケニー』(1987)
モントリオール世界映画祭グランプリ
ベルリン国際映画祭キンダー部門グランプリ
モスクワ国際子供映画祭グランプリ

ベルリン国際映画祭キンダー部門審査員特別賞 その他