ケベックって?
カナダのケベック州はフランス語を公用語とし、人々は誇りを持って独自の文化を守り、育んできました。特に盛んなのは芸術・エンタメ分野。例えば歌手のセリーヌ・ディオンがケベック州出身であり、世界中で公演を行なっているシルク・ドゥ・ソレイユもケベック州を本拠地にしています。

  映画の分野でもケベック州は独自性を発揮しています。州政府はケベックにおける文化と芸術の創造に力を入れており、中でも映画製作と配給などを支援する「SODEC」という政府機関では数多くのケベック映画をサポートし、2年連続でアカデミー外国語賞にノミネートされる作品がでるなど、国境を超え世界中の映画祭で認められるようになりました。

 また国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の「モントリオール世界映画祭」でも有名です。今回のイベントは、そんな多様な文化と人々が共存するケベック州と、同じく独自の文化・芸能が豊かな沖縄を「映画」で繋ぐ試み。参加するうちに、遠く海を隔てながらもどこか共通点があることに気がつくことでしょう。