スタッフ日記/Staff Diary


台風ふりかえ上映!9/23(日)も粒ぞろいです!

2012/09/22 6:41 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/09/22 12:43 に更新しました ]

さて「ボンジュール★ケベック」9月14日のマセロラ氏講演も充実したものとなり、また9月15日は暴風雨のなか、本当に多くの人に来ていただいて感謝感激でした。

また9月17日の映画『カラカラ』完成披露試写会には会場を埋め尽くす人に、この映画への期待が多いことが伺えました。なにより上映後の観客たちの表情が笑顔で、口々に喜びの言葉を発して下さったのが嬉しく、まだ夢を見ているようであります。

沢山のアンケートへのご協力もありがとうございました。
「台風が残念でした!」「ケベック映画のファンになった」という人が多く、このイベントをやって良かった〜と嬉しい限りでした。詳細なレポートはまた近くお知らせします。

さて、明日9月23日(日)は、DAY 2のプログラムを「台風ふりかえ開催」します。

明日朝11時の作品は、沖縄初公開となる『ママは美容院です』。
本イベントを行う際におこなった選考でもダントツ1位となった良作です。

ある諍いをきっかけに大好きなお母さんが家を出て行ってしまう、という少女(長女)の一夏をを軸に描かれている本作。

タイトルの台詞は、お母さんが留守のときに使う常套句。カソリックの多いケベック、60年代ぐらいまでは人々はせっせと教会に足を運んだそうで、主婦の外出のチャンスは教会か、もしくは教会にいくための美容室だったとか。(ユリさん談)

口うるさく好奇心旺盛なご近所のおばさま達に、「ママはいません」なんていえば、100も200も質問がくることがわかっている子供達。口を揃えて「ママは美容院です」と答えます。

そう、子供だって大人並みに、悩んで、傷ついて、考えて、生きている。そんな切ない心のうちを見事に描いている良作です。

14:00の上映の『KAMATAKI-窯焚-』もクロード・ガニオン監督注目作。東京では劇場公開されましたが、沖縄では初公開となります。モントリオール世界映画祭で史上初の監督・批評家賞・観客賞を含む5冠を受賞した作品です。わたくし宮平もチーフ助監督として作品に関わりました。この撮影中の藤竜也氏、吉行和子氏のたたずまいに、映画人とは何か、を教えてもらった気がします。沖縄で活躍する渡辺奈穂さんも出演!ぜひお見逃し無く。

17:00 の沖縄フィルムオフィス主催「ケベック×沖縄ショートフィルムバトル」は、ケベックの秀作4本と沖縄の短編3本を、交互に上映する初の試み。北と南のローカル短編映画合戦です。

ケベック映画組は今年のカンヌ国際映画祭で短編部門のプログラマーをつとめたダニー・レノン氏のセレクションによる粒ぞろいの作品を上映!もちろんどれも沖縄初公開です。

沖縄組は、私宮平の大学時代の作品『CALL』も上映される(恥ずかしながら)ほか、沖縄フィルムオフィスの支援を受けて製作され、その後長編映画となった「ヤギの散歩」、そしてハルサーエイカーなどで知られる岸本監督の新作ショート『ニービチの条件』(ディレクターズカット版)も上映。

また『アンを探して』のプリンスエドワード島の有機栽培ジャムなどを扱うカナダ物産展は好評につき明日も販売いたします!また「もう一度みたい」という人が続出した映画『カラカラ』の、特典付き特別鑑賞券の販売を行います。(特典は先着50名さま迄!)ぜひぜひ、ボンジュール★ケベック台風ふりかえ上映、お見逃し無く!

また急遽スケジュール変更により、総合司会の冨田めぐみさんに代わって私・宮平が司会を勤めます。(「ボンジュール!」と元気にいえるかが、かなり不安です。がんばります!)

ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄 プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー
宮平貴子

沖縄映画ポスター展設営がんばったよ!

2012/09/14 16:37 に 平良竜次 が投稿   [ 2012/09/22 5:26 に Takako Miyahira さんが更新しました ]

ボンジュール! シネマラボ突貫小僧のこいぬまちはるです!

昨晩は遅くまで沖縄映画の公開当時の貴重なポスターやチラシ、パンフなどを、独自のジャンルで区分し展示しました!



「戦争とその傷跡」「時代劇」「バイオレンス」「空手」「愛と癒しの島」「奄美」「アナタハン」「幻想の島」「海外の視点」というバリエーション豊かな9カテゴリー。

古くは1950年の「機動部隊」から1995年の「男はつらいよ 寅次郎紅の花」まで、それぞれの作品に様々な沖縄が描き出されています。

スタッフも、展示しながら見入ったり読み込んでしまい、作業がスローになることもしばしば。

展示スペースの隅々までゆっくり堪能して頂けるものになっています。
台風にめげずに是非、足をお運びください!


みんな待っているよ!

いよいよ!プレイベント本日午後17時@県立博物館美術館

2012/09/13 14:34 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/09/13 14:35 に更新しました ]

ボンジュール!
朝起きたら、新聞に大きな卵が!!
そうです!いよいよボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄、明日に迫りました。

本日午後17時には県立博物館美術館で、ケベック州からはるばるやって来たフランソワ・N・マセロラ氏を招いてのシンポジウムも開催。ウェルカムフィルム上映では、沖縄のロケ地映像・そして、初お披露目の映像も・・・!?こちらは入場無料ですので、ぜひ申し込みをしていただいていらして下さいね。詳しくはこちら⇒プレイベント

朝11時45分にはNHK沖縄さまで放送されたモントリオール世界映画祭の様子と宮平のインタビューが再放送されます!

そして、先日火曜日は、ハッピーアイランドに初出演!人気パーソナリティの多喜ひろみさんと、「あれ?時間、大丈夫かな」というぐらい長い間ケベック映画の魅力について話させていただきました(ありがとうございます)!
昨夜・・・本日のシンポジウムに登壇していただくマセロラ夫妻も沖縄に到着しました!
突貫小僧さんは朝からポスター展の設営に大忙し!

本日は、9月15日ゲストの村岡恵理さんも到着します。
いよいよ映画づくしの週末が始まります!ドキドキです!

ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー
宮平貴子


ラジオ★ラジオ★ラジオ

2012/09/08 1:06 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/09/08 15:39 に更新しました ]


ボンジュール!

いよいよ7日と迫って参りました!ボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄。

カラカラのニュースは沖縄を駆け巡りとても慌ただしい一週間でしたが、テレビでも沢山取り上げてもらいました!
こちら、カラカラ撮影時にもインタビューをしていただいたNHK沖縄の雨宮さん!
RBCさん&OTVさん(写真を撮り忘れてしまいました!!)
でも取り上げていただきました!

そして明日9月9日(日)からはラジオでも沢山取り上げていただいております!

以下ラジオ放送一覧です!ぜひご視聴下さい。

9 / 9(日)のラジオ出演予定一覧
15:30 ぬちぐすい女子会@ラジオ沖縄 864KHz(10kw) 
B★Q内でも9月16日のショートフィルムバトルで上映される岸本監督の『ニービチの条件』に出演のいずみ&やよいのやよいさん!やよいさんは、番組収録後にパンフレットをとりにきて、「明日PTAのなんやかんやがあるから〜」とチケットも預かっていただきました〜(でーじいいひと〜と感動!)ぜひ、『ニービチの条件』見に来て下さいね!

16:30 沖縄羅針盤@ラジオ沖縄 864KHz(10kw) 


(写真は先日とったもの)富田めぐみさんの「沖縄羅針盤」にはシネマラボ突貫小僧代表・平良竜次さんが本イベントの魅力について語ります!
 
20:00〜スクリーンへの招待@FM沖縄(87.3 MHz or 83.7 MHz)
(出演時間は未定です)
沖縄の映画ファンならご存知の映画を愛する映画人・安谷屋真理子さんの「スクリーンへの招待」に招かれました!チケットプレゼントの予定もありますので、ぜひ〜番組を聞いて下さいね!

9/10(月)のラジオ出演予定
10:40 jimamaのフリージースタイル!@FM沖縄(87.3 MHz or 83.7 MHz)
でました〜!月15日上映の『アンを探して』では主題歌担当したjimama、実の姉です!ボンジュール★ケベックのイベントを「超面白そう!全部みたい!応援したーーい」ということで、フリージースタイルに呼んでもらいました!次の日11日も連続で出演予定です。以前、ゲストに呼んでくれたとき、声が似すぎていてリスナーさんが混乱するという現象が起きる久々の「宮平姉妹onラジオ」、ぜひ聞いて下さい☆

9 /11(火)のラジオ出演予定一覧
10:40 jimamaのフリージースタイル!@FM沖縄(87.3 MHz or 83.7 MHz)
前日に引き続いての出演予定です!
12:00開始 ハッピーアイランド@FM沖縄(87.3 MHz or 83.7 MHz)
多喜ひろみさんの人気番組に出演予定です。嬉しい!
19:00 いつかのラジオデイズ@@ラジオ沖縄 864KHz(10kw) 
米吉奈名子さんの人気番組に出演予定です!
9 /15(土)のラジオ出演予定一覧
新規追加!14:00 ごろ チムドンパーク@RBC iRadio
映画『カラカラ』受賞記念として、20分ほど抜け出して出演いたします!
9 /16(日)のラジオ出演予定一覧
16:30 沖縄羅針盤@ラジオ沖縄 864KHz(10kw) 
先週に引き続いて平良竜次氏の登場です!
その他、人気パーソナリティの西向幸三さんのゴールデンアワー(14:00~@FM沖縄)、
琉球日産プレゼンツJoy of Life(17:50~@FM沖縄) でも取り上げて下さる予定。

 明日から、ラジオから、目がはなせない・・・じゃなくて耳が離せません!

※上記時刻は放送開始時刻で出演の時刻ではありません。
また諸事情により、予告無く変更となることもございますのでご了承下さい。


ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー
宮平貴子

全作鑑賞券が毎日1名に当たるランチ!@ホテル日航那覇グランドキャッスル

2012/09/07 0:43 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/09/07 4:24 に更新しました ]

ボンジュール!

先日9月4日、映画『カラカラ』がなんと、モントリオール世界映画祭で観客賞と世界に開ける視点賞の2冠を達成いたしました!!!本当に皆様のお陰です!!

この快挙を記念して、ホテル日航那覇グランドキャッスルさまよりご提案をいただき、「ボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄」との緊急コラボレーションが決定しました!

9月8日から12日までの期間中、ホテル日航那覇グランドキャッスル内レストランセリーナで、映画『カラカラ』が鑑賞できる全作鑑賞券(5000円相当)が当たるキャンペーンを行います。

参加方法は超簡単!ホテル日航那覇グランドキャッスル内レストランセリーナで、ランチバイキングを食べるだけ!

期間中毎日1名さまにボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄の全作鑑賞券が当たります!他にも大人2回券や、映画『カラカラ』海外版ポスターも抽選であたるそう!

そして・・・・・!!

ケベック映画の祭典を記念して、9月17日までのバイキングのデザートには、宮平貴子のケベックの思い出のスィーツが提供されます!

おいしそうなこのスイーツ・・・そう、リンゴのおいしさがギュ〜〜〜とつまった、タルト・タタンです!『アンを探して』の舞台のプリンスエドワード島でも、私の第二の故郷・ケベック州でも、りんごはとってもポピュラーな果物。アップルパイよりも気軽に作れて、そしてたっぷりのリングを使うタルト・タタンは、人気のデザートです。

カナダのケベック州で映画を学んだ7年間、ガニオン監督のファミリーでは、季節ごとにファミリーパーティをしてそこでも一番人気のデザートでした!たっぷりのリンゴを使った甘酸っぱいタルト・タタンには、バニラアイスが良くあいます。甘酸っぱいリンゴとアイスの甘みが絶妙にマッチして、超おいしいです。(もちろんコーヒーはブラックで!)

試食の際には、チョコレートタルトもいただきました!濃厚で美味しかったです!!!

ぜひ9月8日〜12日(デザート提供は17日まで)はホテル日航那覇グランドキャッスルにランチにいくべし!です。
美味しいランチを食べたあと、タルトタタンもいただいて、しかも全作鑑賞券があたっちゃうかもしれない、という3度美味しいこの9月8日〜12日の5日間の限定企画、ぜひホテル日航那覇グランドキャッスル内レストラン・セリーナへぜひお越し下さい!

ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー
宮平貴子

ガニオン監督作『Keiko』と『KAMATAKI 窯焚』上映!

2012/09/05 5:56 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/09/05 6:00 に更新しました ]

ボンジュール!

ボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄では、映画『カラカラ』完成記念として、ケベック出身の映画監督クロード・ガニオンの過去作品を2本紹介します。

 9月15日14時上映の『Keiko』は、1979年に公開されると同時に、口コミが口コミを呼んで全国で大ヒットとなり、シンデレラ映画とも呼ばれた話題作。
  当時は珍しかった京都弁の使用、全編アドリブなど、リアリティに徹しながらも「日本人女性の曖昧な自我」を見事に描きだしたことが評価され、クロード・ガニオン監督は外国人としてはじめて日本監督協会の新人監督賞を獲得しました。
 昨今、日本を代表する若手映画監督岩井俊二氏も「この作品がなかったら、映画を撮ろうと思っていなかったかもしれない」と公言し、自身の作品『雨月物語』では『Keiko』へのオマージュを捧げたシーンもあるとか!現在活躍する日本のクリエイターに大きな衝撃を与えた作品でもあります。

 9月16日14時上映の『KAMATAKI-窯焚-』は、陶芸の里・滋賀県の信楽を舞台に、自殺未遂をおかしたカナダ人青年ケンと陶工の琢磨の心の交流を描いた物語。
 藤竜也、吉行和子といったベテラン俳優が脚本に惚れ込み実現した本作、宮平貴子も助監督という大役を担い、リサーチ段階〜プレゼンテーション作り〜撮影〜映画の仕上げ作業〜完成まで参加した作品です。


※写真は窯焚を行うクロード・ガニオン監督!

徹底したリアリティにこだわるガニオン監督は、原始的な穴窯で「炎」とともに自然釉の作品を作り上げる巨匠神崎紫峰氏の作品に心奪われ、実際にお弟子さんと共に10日間、お弟子さんが交代で不眠不休で8分ごとに薪をくべ続ける窯焚に参加しながら、脚本を書き続けました。

映画撮影にあたっては、主演の藤竜也、マット・スマイリー、リーサル・ウィルカーソンといった役者陣も実際の窯焚を経験して挑み、神崎紫峰氏に本物の窯焚をしていただき、その期間中に撮影を行いました。
 主人公ケンが一人で窯を見守るシーンでは、炎の神様の声が届いたのでしょうか、小さな炎がダンスし、ついには煙突から巨大な炎が吹き出す瞬間をカメラで捉えることができました。2005年のモントリオール世界映画祭で監督賞・観客賞・批評家賞・を含む史上初の5部門制覇を達成し、ベルリン国際映画祭キンダー部門審査員特別賞に輝いた『KAMATAKI-窯焚-』、沖縄では今回が初のスクリーン上映、そして両作品とも、クロード・ガニオン監督が登壇します。
ぜひこの機会に『Keiko』『KAMATAKI 窯焚』をご覧になって下さいね。

ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー
宮平貴子

『アンを探して』特別ゲストを迎え再上映!

2012/09/02 13:13 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/09/02 13:14 に更新しました ]

ボンジュール!
いよいよボンジュール★ケベック!シネマウィークまで2週間を切りました!
本日9月3日から5日間、ラジオ沖縄(864kHz)さんの人気番組チャットステーションL(14:00〜16:00)でボンジュール★ケベック応援コーナー(仮名称)も発足し、ボンジュール★ケベックの見所を取り上げて伝えたていきたいと思います!


さて〜〜!ボンジュール★ケベックの第一日目のトリを飾るのは、沖縄出身の私宮平貴子の初監督作『アンを探して』です!

あれ〜でも〜プリンスエドワード州ってカナダだけどケベックじゃないし〜と思ったそこのあなた!しかしこの『アンを探して』も実はケベックと強いつながりがある作品なのです。

日本人監督で、プリンスエドワード州が舞台・・でも、本作映画『アンを探して』は、実はケベック州独自の芸術支援機構(SODEC)の支援なしには製作不可能だった、といっても過言ではありません。日本では「29才で初監督?!」となかなか出資が集まらなかった本作『アンを探して』。幸いに仕上げ作業の段階で文化庁の助成金がいただけましたが、そもそもこの作品を、脚本の段階から支援をしていただいのは、ケベック州の芸術支援機構だったのです。
 撮影においても、美術監督・音楽監督を初めとするスタッフの8割はケベック州のスタッフでした。ですから、撮影現場はフランス語・英語・日本語が飛び交う賑やかな現場となりました。
沖縄では、本当に沢山の皆様にご覧いただいた映画『アンを探して』は、不朽の名作「赤毛のアン」をモチーフにしております。実は今年は「赤毛のアン」が日本に紹介されてから60年の記念の年でもあります。

私は個人的に、この物語を初めて日本に紹介した村岡花子さんの「想い」が詰まった名訳なしには、「赤毛のアン」がこんなにも日本で愛されることはなかったのではないか、と常々思っています。脚本のリサーチの段階でこの「赤毛のアン」が第二次世界大戦中、友情の証しとして翻訳されたことを知った私は、あたりまえのようにある一冊の本が、今、私の心に届いていることの奇跡について思いを馳せました。

それから2年間の月日をかけて、この映画『アンを探して』の脚本が完成し、監督をつとめることになり、、、今に至ります。

撮影中は、初監督ということもあり500円ハゲが出来るほど、精神的なプレッシャーも大きく、逃げたいと思うことばかりでした。しかし、私がくじけてしまっては、この物語を生み出し、生涯を文学活動にささげたモンゴメリと、それを日本につないでくれた村岡花子さんに申し訳が立たないという想いで自分を奮い立たせました。

嬉しいことに、ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄では「赤毛のアン」記念館・村岡花子文庫代表の村岡恵理さんをゲストにお迎えします。村岡恵理さんは、祖母・村岡花子さんの半生を綴った『アンのゆりかご』の著者でもあり、ひょうひょうとしながらユーモアのある素敵な女性です。
 ぜひ、ゲストの村岡恵理さんとともに、「アンを探して」お楽しみ下さい!

ボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー 宮平貴子



モントリオールでダニーさんを訪ねるの巻

2012/08/27 11:09 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/08/29 23:54 に更新しました ]

ボンジュール!モントリオールでは映画祭開催日の午前中、今回ボンジュール★ケベックの二日目、9月16日の17時に行われる『ケベック×沖縄ショートフィルムバトル』の作品セレクションをしてくれたダニー・レノン氏を訪ねました。ダニー・レノン氏の短編上映イベント「プラン・サ・クール」についてはこちら。


この日は、せっかくだからということで、彼が内装やコンセプトデザインをしたというオールドモントリオールのビルも訪ねました。音楽ライブと映画上映と両方にできるスタジオ、可動式の壁がある展示会室、編集室アーティストの宿泊用のゲストルームが一緒になったフロアと、夢のような施設ばかり。


「短編は長編映画より実になる!」と断言し、上映だけに限らずいい!と思った短編を、同じく良質の短編を欲している世界中の映画祭に紹介したり、と、需要と供給を担うダニー・レノン氏、今回は残念ながら沖縄には来れないですが、彼の語りは私が代弁・・・できるかな?乞うご期待!

ケベックの短編と沖縄の短編が上映されるボンジュール★ケベックでは、岸本司監督(『ハルサーエイカー』『アコークロー』)や高山創一プロデューサー(『ハルサーエイカー』その他)など、現役バリバリで活躍するクリエイターの皆さんと一緒に短編映画を地域で作ることの意義や、そもそも「短編」「長編」の表現方法の違いについてなど、座談会も開催!作ることに興味のある人は、絶対必見の座談会になると思います。(申し込みはこちらから★)

ボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー 宮平貴子

沖縄映画ポスター展も着々進行中!

2012/08/25 6:53 に 平良竜次 が投稿   [ 2012/08/25 6:59 に更新しました ]

ぼんじゅーる! シネマラボ突貫小僧の平良竜次ですよ。

「ボンジュール★ケベック! シネマウィーク in 沖縄」(以下B★Q)まであと21日となり、ドタバタと宣伝告知にいそしむ忙しい日々を過ごしています。
今回はそんなB★Qの中で行われるスペシャルイベント「大城コレクション沖縄映画ポスター展」についてご紹介します。
(映画ポスター蒐集家の大城さん)

これは、沖縄屈指の映画ポスター蒐集家・大城さんの全面協力を得て、これまで作られてきた沖縄映画の貴重なポスターを一挙に紹介しようとするもの。ただいま開催中のモントリオール世界映画祭に正式招待された『カラカラ』も沖縄映画の一つといえますしね。本展示会はそんな沖縄映画の歴史をポスターで辿るプログラムなんです。

展示会は9月15日~17日の3日間にわたり新報ホール内で開催されるのですが、実はこの展示会、無料で見ることが出来るんですね~★ 
お目当てのケベック映画を見た後にご覧になるのも良いですし、逆に展示会の後に「ついでだからケベック映画も見に行くか…」と思って頂ければこれ幸い! 
ぜひとも足をお運び下さいね★

さて宣伝はこれぐらいにして(笑)、ちょっと前ですが、私たち突貫小僧が大城さんのお宅にお邪魔して、映画ポスターを選定したので、そのご報告。


ドアを開けてまずびっくりしたのは映画ポスターの数!部屋中至る所にポスター、ポスター、ポスターですよ! しかも洋画邦画の名作ばかり!

(写真左から大城さん、突貫小僧OBの當間早志監督)

その中から沖縄に関連するポスターを一つ一つリストアップしていきます。それでも膨大な数に!

ポスターといっても、普段目にするB2ポスターだけではなく、縦長サイズの「タテカン」や、横幅2メートル近くある超巨大ポスターなどさまざまな種類があるんですね~。知らなかったよ。他にも映画館関係者に配る宣伝用パンフや初公開当時の貴重なチケット半券など、映画ファン垂涎のブツもありました。


展示会ではこの中から厳選した貴重な映画ポスターを展示予定。今までにない画期的なプログラムになるはずなので、ぜひとも足をお運び下さいね!


ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄
スタッフ
シネマラボ突貫小僧(特定非営利活動法人)
代表:たいらりゅうじ

ボンジュール★那覇高校

2012/08/24 6:03 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/08/24 6:10 に更新しました ]

さて、私は今、まさしく「ボンジュール」が飛び交っているカナダはケベック州のモントリオールに来ています。

日付はさかのぼりますが、カナダ行きの準備にアタフタしていましたが、スキマをぬって私・宮平の母校・沖縄県立那覇高校の校長先生にご挨拶に行きました。

すると、校長先生の粋な計らいで、合宿中の放送部の皆さんが待ち受けているではないですか!!那覇高校の放送部は、第36回全国高等学校総合文化祭富山大会、オーディオピクチャー部門で優秀賞をとったすごい生徒さんたちです。30分ほど映画監督という仕事について様々質問を受けましたが、逆に私からも質問を沢山させてもらいました。
みんなは、今は9月9日に行われる県民大会への取材に向けて頑張っているところだとか。頭が下がります。ということで、ボンジュール卵を持ってもらって(や、やらせ?⇒いえいえ!みんな、「面白そう!絶対行きます!」と話してくれました。)みんなで記念写真です。


ボンジュール★ケベック シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー
みやひらたかこ







1-10 of 16