モントリオールでダニーさんを訪ねるの巻

2012/08/27 11:09 に Takako Miyahira が投稿   [ 2012/08/29 23:54 に更新しました ]
ボンジュール!モントリオールでは映画祭開催日の午前中、今回ボンジュール★ケベックの二日目、9月16日の17時に行われる『ケベック×沖縄ショートフィルムバトル』の作品セレクションをしてくれたダニー・レノン氏を訪ねました。ダニー・レノン氏の短編上映イベント「プラン・サ・クール」についてはこちら。


この日は、せっかくだからということで、彼が内装やコンセプトデザインをしたというオールドモントリオールのビルも訪ねました。音楽ライブと映画上映と両方にできるスタジオ、可動式の壁がある展示会室、編集室アーティストの宿泊用のゲストルームが一緒になったフロアと、夢のような施設ばかり。


「短編は長編映画より実になる!」と断言し、上映だけに限らずいい!と思った短編を、同じく良質の短編を欲している世界中の映画祭に紹介したり、と、需要と供給を担うダニー・レノン氏、今回は残念ながら沖縄には来れないですが、彼の語りは私が代弁・・・できるかな?乞うご期待!

ケベックの短編と沖縄の短編が上映されるボンジュール★ケベックでは、岸本司監督(『ハルサーエイカー』『アコークロー』)や高山創一プロデューサー(『ハルサーエイカー』その他)など、現役バリバリで活躍するクリエイターの皆さんと一緒に短編映画を地域で作ることの意義や、そもそも「短編」「長編」の表現方法の違いについてなど、座談会も開催!作ることに興味のある人は、絶対必見の座談会になると思います。(申し込みはこちらから★)

ボンジュール★ケベック!シネマウィークin沖縄
プレゼンター
映画『カラカラ』プロデューサー 宮平貴子

Comments